世界で6番目に大きい大陸はオーストラリアです

オーストラリアは世界で6番目に大きい大陸だ。降雨量が少なく、土地に栄養分がない大地がほとんどだ。海沿いにシドニーやメルボルン、ブリスベン、パース、ケアンズなどのオーストラリアを代表する都市が発達してきた。去年は家族全員でケアンズに旅行した。ケアンズは常夏でダイバ―憧れのグレートバリアリーフがあるので決めた。ジェットスターで7時間ほどフライトすれば、オーストラリアのケアンズに着いた。夜出発して朝到着、時差がないのも楽である。ケアンズは素朴で観光客は多いが小さな町だった。こんな素朴な町に暮らして、きれいな海に潜る生活も楽しいだろうなと思った。夜行性動物観察のナイトツアーやダイビングは旅行社に頼んだが、キュランタ観光は海沿いの現地の旅行社で頼んだ。ブロークンイングリッシュだが通じた。夕食は有名なシーフードレストランに行った。食後海岸を散歩しながら店をのぞくと、アボリジニアートの作品があり興味深かった。翌日は船に乗ってグリーン島に行き海に入って遊んだ。小さな島なので一周した。午後になると海水があっという間に引いて干潮になった。きれいな海が侘しい景色に変ってしまった。帰りの船から見た海はきれいだった。オージービーフのステーキは美味しかった。その後ダイビングが好きな3人は、海に潜り魚や海亀とたわむれて、それはそれは楽しい時間を過ごしたらしい。