外国の赤ちゃんの可愛らしさは群を抜いている

外国の赤ちゃんは可愛い。ただでさえ赤ちゃんは可愛いものだけど、外国の赤ちゃんの可愛らしさは特別だ。パッチリ二重の目に、ブルーの瞳、綺麗な肌、おもわず近づいてほほ笑み、頭を撫でてしまいたくなる。てもそんなことは出来ないので、目があったら手を振るくらいにしている。子供に「国際結婚をして可愛いハーフの赤ちゃんを作っておくれ」と囁いていたのだがたぶん無理だろう。友人の娘が、アメリカ留学先で知り合ったオランダ人と結婚してベルギーで暮らしている。赤ちゃんが出来たと写真を見せてくれた。男の子で可愛い。旦那さんのことは、奥目と半分からかっていたが、ハーフになると優性遺伝でしょうか、いい感じになるのが不思議です。ヨーロッパの顔とアジアの顔が合わさると、いい塩梅になるのでしょうか。誰かが「ハーフでも日本男性と、どこそこの国のハーフは不細工だよ」と言ってましたがどうなのでしょう。外国の子育ては、自立心を育てることを大事にするので、赤ちゃんの頃から寝室は別と聞きました。日本でも真似をして寝室を別にして子育てをする家庭が増えているらしいですが、いずれ子供は自分から巣立って行きます。無理に可愛い赤ちゃんから、幼児期をクールに子育てしなくてもと思っていたら、親とべったりで子離れや親離れできない奇妙な親子が増えてきているらしいです。