外国人と交流するためにことばの壁を乗り越えよう

外国人との交流を希望する人は多いでしょうが、外国の人と交流するには言葉の壁が立ちはだかります。最近は社内の公用語が英語という会社も出て来ました。楽天もそうですね。外資系は当然でしょうが、日本のオフィスで英語で全て会話するのは、慣れれば平気なのでしょうか。日本が世界で勝負するには英語で、コミュニケーションをして、英語で企画書を書き、英語で営業するのが当然なのでしょうが・・・日本の英語教育を見直して、小学生いや幼児期から英語に慣れる生活が必要です。著名人はアメリカンスクールに入れて、英語教育を徹底させる方も多いですが賢いやり方ですね。経済的な余力があり、子供も意欲があるなら早い時期から留学させるのも良いです。韓国や中国の富裕層は、子供と母親が一緒に留学するケースが多いそうです。父親が一人で働いて仕送りして、子供の教育に賭けるとは凄いです。日本でもそんなケースがあるのでしょうか。あまり聞いたことはありません。一流大学に入学させるために、私立中学の受験熱は高いです。受験の勉強が優先されて、英会話の勉強は二の次になっています。英語の読み書きは出来るけど、外国人と交流できる英会話は苦手なんてことにならないように、ホームステイに出したり、受け入れたりして環境を作ることも大切ですね。