声優オーディションについて

高校生の頃の同級生は卒業してから本気にアニメの声優になりたいといって、アニメや声優の専門学校に進学をしました。
こうした学校はあまりにも特殊でしたので、彼女にいろいろと授業風景など訪ねていましたね。
有名な声優さんが先生になって実際に授業なのにアフレコなどをするみたいです、こうした実践を重ねていくことで本番に強い声優になっていくことができるみたいです。
そして卒業前になってくると声優が多く所属している事務所などの声優オーディションなどを受けるみたいです。
これは大学生の世界でいう就職活動のようなものですね。
しかし無事に事務所に所属することができても仕事が取れないと全く意味がないので、そこからは日々新作アニメやゲームなどの声優オーディションを受け続ける日々を送るみたいです。
まさに一球入魂の勢いで頑張って受けるみたいですね。
1つ合格するだけでも何か所落ちたのかわからないくらいに厳しい世界ですが、一度やるとはまってしまうそうですよ。